スマートフォン解析

プロモーション

カテゴリー

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31




リンク

カウンタ

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
BETA
HP:
性別:
男性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

サイト




 


プロモーション

Amazon 西部劇

Amazon TRPG

Amazon モデルガン

プロモーション

新着記事

新着

あんてな


[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • 2018/12/12 06:31

MDAフレームワークとゲーム性のセオリーとの一致と違い

TRPG

 DiGRAJ-GD 12 04 2011 ケネス・チャン(またはこちら)のMDAフレームワークは、僕の方では全く別のアプローチ、TRPGから行なわれました。

 GameDesign 西部劇TRPG開発日誌 [TRPG]TRPGという媒体で西部劇を行うには。

 もう一つ、

 GameDesign 西部劇TRPG開発日誌 [TRPG]ローカルルールの問題・首ナイフの類題

 は、TRPGについて突っ込んでいます。

#引用開始#

 MDAフレームワークは、ゲームの本質を「アルゴリズムレベルのゲームの根本的な仕組みを示す『Mechanics(メカニックス)』」「Mechanicsから生み出される展開を示す『Dynamics(ダイナミックス)』」「プレイヤーに生まれる感情を示す『Aesthetics(アスセティックス)』」という」3段階に分割し、それぞれを言語化・モデル化することで、ゲームデザインの評価、分析、研究へと繋げていく手段として活用するものです。

アナログゲームを通してMDAフレームワーク理論を学ぶ「MDAワークショップ(初級編)」体験レポート   インサイド

#引用ここまで#

 僕はアルゴリズムの前提に「ゲームが出来るコミュニケーション(人間関係)」をハノイの塔のように土台として説明しています。
 あながち、間違った考えではないことを確認できました。これは、

それでもなお、「これはゲームの面白さかな?」とか考えたり悩んだりするわけですな。どこまでがゲームメカニクスの面白さかな、とか、どこからは思いやりや盛り上げに依存しての面白さなのかな、相手が好きな人だからという楽しさかな、とか。

2011年11月21日 - 7:47

という、やり取りで思いいたりました。感謝いたします。

拍手[0回]

PR


  • 2013/03/31 02:13

コメント一覧

  • お名前
  • Email

  • コメント

  • Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  • パスワード
[PR]