スマートフォン解析 忍者ブログ

 トランプの絵柄のマグネットつきのピースをカードピースと呼びます。
 また、四角枠が五つプリントされた透明なシートをセレクトシートと呼びます。
 カードピースを8×8で並べ四隅の力ドをL字形に3個ずつとった52個を配置します。
 そしてセレクトシートを裏表と四方向に回して五つの四角枠にカードピースを合わせ、セレクトします。回転対称です。
 セレクトしたら、スマホや携帯で画像を撮ります。

 このセレクトをポーカーでの、より強い役に当てはめることが基本的な遊び方です。
 パズルは総当たりで122通りしかありません。だいたい一通りを一秒使っても、時間は二分あれば全て調べきることができます。
 ですから達成感を得やすい簡単なパズルなのです。

対戦パズルゲーム(要:トランプカード)

 ジャンケンやコイントスなどで順番を決めます。一番手のプレーヤーはカードピースを配置します。もちろんセレクトシートを使いながら配置して構まいません。
 それから順番にプレーヤーはカードピースの配置を一箇所ずつ入れ替えします。
配置変えが一周して一番手に戻ったら、一番手からセレクトシートを使って五つのカードピースをセレクトします。セレクトされたカードピースは外して手持ちとします。他のプレーヤーには見せないようにします。
 順番に従って各プレーヤーはセレクトしてカードピースを外していきます。同じく他のプレーヤーには見せないようにします。
 ー巡したらカードピースと同じ種類のトランプカードと交換します。
 この手続きの次にトランプカードを使ってのカード交換(チェンジ)をしてポーカーにある程度の恣意性を導入して遊ぶことができます。
 ポーカーはQのワンペア以上がコールに必要です。なかなか勝負が発生しないので、こうした手続きをすると少人数で勝負が成立しやすくなります。

 TRPGではギャンブルのスキルが高いキャラクター順に順番を優先させるといいでしょう。

単純な対戦パズルゲーム

 二人くらいでプレイする場合、順番を決め、一番手がカードピースを配置し、二番手がセレクトするか、入れ換えをします。次に一番手がセレクトするか、入れ替えをします。入れ替えをした人がすぐにセレクトすることは出来ません。
 二人でプレイする場合は、セレクトした後は必ずもう一人もセレクトになります。こうして勝負します。

 必ずもう一戦し、二番手だったプレーヤーは一番手に交代して勝負します。


GameDesign 西部劇TRPG開発日誌 [TRPG]ポーカーをTRPGでプレイするミニゲーム(1)

GameDesign 西部劇TRPG開発日誌 [TRPG]ポーカーをTRPGでプレイするミニゲーム(2)



ポーカーハンド( 役の強さ順)

1. ロイヤル・ストレート・フラッシュ( ロイヤル・フラッシュ)

649740 回に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、スーツの強弱はなく引き分けです。これは古い日本の百科辞典に「ポ―カーには引き分けはない」と書いたものからはじまった、よくある誤解です。

2. ストレート・フラッシュ

72193 回に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
Kが頭のストレート・フラッシュが最高役です。

3. フォーカード

4165 回に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
高いランクが最高役です。

4. フル・ハウス( フル・ハンド)

694 回に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、スリー・カードの高いランクが最高役です。

5. フラッシュ

509 に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、高いランクのカードをもっている方が勝ちです。同じランクのときは次に高いランクのカードをもっている方が勝ちです。全く同じランクの組み合わせの対決では引き分けです。

6. ストレート

255 に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
K―Aから2 へと続けることはできません。5・4・3・2・A がファイブ・ハイのストレートといってAは最低のランクとして扱い、他は一番高いランクのカードがあるストレートが勝ちです。

7. スリー・オブ・ア・カインド( スリー・カード、トリプレット)

47 に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、ランクの高い三枚揃いが勝ちです。

8. ツー・ペア

21 に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、高いランクのペアをもっている方の勝ちです。同じランクのペアならばもう一方のペアのランクで比べます。それでも同じなら、残った一枚のランクが高い方の勝ちです。全て同じなら、引き分けです。

9. ワン・ペア

2.5 に1 回( 通常のポーカーで配られたときに成立する確率)
同じ役の対決のときは、高いランクのペアをもっている方の勝ちです。同じランクのペアならば残りの三枚のカードの高いランクをもっている方の勝ちです。全て同じなら、引き分けです。

10. ハイ・カード( ノーペアのとき)

ハイ・カードのランクを比べます。同じときは、さらに次のハイ・カードを比べます。同じときは、引き分けです。

配置の模式図
ポーカー盤

拍手[0回]

PR

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
ポーカーパズル COMMENT[0] このエントリーを含むはてなブックマーク


 TRPGでゲーム内のゲーム(ポーカー)をプレイする場合、プレイヤーとキャラクターのツキは違いますので、このような工夫をしました。2011年06月21日 08:18にmixiでは既に公開していました。アナログのパズルゲームです。

 まずマグネットがつくボードを2枚用意します。このようなものです。TRPGではよく見かけるホワイトボードを兼ねたものでいいと思います。




 データはA4なので、より大きいA3もいいかと思います。






 次に、プリンタで印刷できるタイプのマグネットシートを用意します。枚数が少ない方がリーズナブルですが4枚入りで磁力もありすぎないこちらを用意します。開封時に外袋のノリ部分がくっつかないように注意して下さい。



   PokerPuzzleCardKoma

 をマグネットシートに2枚プリントします。ハサミで簡単に切れる厚さですので、正方形のトランプコマを切りわけます。競うために、正方形のカード駒を2セット作ります。

 次はOHPシートです。レーザープリンタならこちらがいいと思います。インクジェットではダメです。↓


 インクジェットでは、絶対に対応のOHPシートがベストでしょう。↓



 こちらには、PokerPuzzleMeganeをOHPシートに2枚印刷します。単なる紙でも穴を開ければ出来ますが、透明出ない場合、セレクトするための情報が少なくなりプレイ時間が長くなるためです。
 以上の手順で、ポーカーのパズル化が出来ます。





 上図では、青いマス五個分の所に、フォーカードのカードのコマが見えています。このようにOHPシートを回転させたり裏返しして役を作ります。
 ルールは、ジョーカーを除いた四種類のスーツの正方形コマ、A、2、3,~Q、Kの52枚を上図のように四隅の角を3駒ずつ除いた13×4=52枚を8×8-3×4=64-12=52枚として配置して、出題しあい時間制限などを付けて出します。あらかじめ最高位の役を決めて出題することが出来ます。空白のマスが生じる役は認めません。


 出題は同じでもストレートを見つけられました。

 こちらも出題は同じでもロイヤルストレートフラッシュが隠れていました。先にこちらを見つけてしまったら、フォーカードを探そうとは思わないかも知れません。

 つまり、キャラクターのツキを呼び込むのがパズルの高い役を呼び込み、幅を広げます。プレイヤーはパズルを解く側となって高い役を探せるかどうかを競うことになります。

 これによってTRPGでGMの無限資産によるポーカーを楽しみ、プレイすることができるようにしました。ぼくの創作のミニゲームを一部公開しました。これで、パズルが流行っているなか、著作権をきちんと主張できます。

 携帯デバイス用の物も開発中です。
 (追記)アナログで遊ぶセットをコミケで少部数頒布しました。好評で嬉しかったです。

 著作権はこのブログを含めてこのミニゲームも放棄していません。

拍手[2回]

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
ポーカーパズル COMMENT[2] このエントリーを含むはてなブックマーク


 同内容の記事を加筆しました。こちらです。

 これは、TRPG内で、使い捨てタイプのNPCがPCとポーカーをしたとします。
 大昔にT&Tでやったところ、PCが良い役を持っているのにかかわらず、天井分を賭けられるとPC(PL)はおりてしまう現象が起きたのです。
 当時は幸運度に合わせて、セブンスタッドにして差を付けたり、さんざん工夫しましたが、ダメでした。
 つまり、「幸運度」なり「ギャンブル」のPCの能力や技能と、GMの無限資産では勝負にならないのが問題でした。GMは、やろうと思えば無限資産で簡単に(資金的に)PCを潰すことが出来ます。これを解決しました。

 僕が問題としていたメタゲームはこちらの次元です。

 「PCの運」と「PLの運」は違っていて、「GMがもつ運」と「NPCの運」もちがいます。あたりまえですね。

 PCたちが主人公でその資金がゲームの本筋になるのであって、GMのNPCたちが無限に資金を持っていることは本筋と全く無関係でしょう。ですからこうしたギミックが必要になると僕は考えたのです。

 これで、「マーヴェリック」(映画はTVドラマのリメイクです)のようなロールプレイ(NPCもPCもわざと負けを込んだり決定的に天井を吊り上げて勝ったりする再演性の演技など)も出来るようになります。

 このミニゲームでPL(PC)が一生懸命に勝つことだけが目標ではなくなります。繰り返し言いますが、これでロールプレイ(勝敗のないSecond-guessing)ができるわけです。ポーカーのショウダウンのときに普通に配られたトランプのカードは変えられませんからロールプレイが入り込む余地がないのです。

 ほかのポーカーが存在する世界を扱うTRPGにも汎用としてこのミニゲームは使えるでしょう。

 この問題は実際にTRPGでポーカーを登場させたことがない方にはわからないと思います。実際にTRPGをプレイされる方なら、この問題をクリアできたことがわかると思います。

拍手[2回]

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
ポーカーパズル COMMENT[0] このエントリーを含むはてなブックマーク


◎ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




◎ カウンタ
◎ プロフィール
HN:
BETA(ゲームデザインは小学生から)
性別:
男性
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎  



◎  


Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]
Powered By ソーシャルライブラリー