スマートフォン解析

 語義の定義で勘違いされている方がいるが、ゲーム・デザインは、ルール・システムの構築であって、ゲームがプレイされることとは違う。

 ゲーム・プレイされる「前に」合意的に選択されるものが、ゲーム・デザインの全てであって、TRPGプレイが、デザインの一種であろうと、区別しなくてはならない。

 言葉が混乱されているかと思う。

 元を正せば、B氏の見境のない語義の乱用からの誤解から来る。
 B氏はTRPGプレイが、ゲーム・デザインだと言い、自分にはゲーム・デザイン能力はないという。
 明らかに別の意味合いで語っていることが明白なので、文脈の整合性から、分別をつけておきます。

 いまだに訂正されないのでは用語に関してお話できません。

 狭義の、広義の、というお話でもない。

 セッションという言い方はJazzセッションと似たような意味で、スタンダードナンバーをアドリブを利かしてプレイすることが連想されます。それはコード進行やリズムの改変による創造的な即興です。
 クラシックでは、リヒテルとクライバーによる曲は、その二人のピアノが喧嘩して聞くに堪えません。

 プレイには準備されたデザイン・コンセプトがありません。
 ゲーム(TRPGシステム)にはあります。
 プレイにあるのはデザイン的であれ、テーマ(主題)とアプローチ(関わり)です。
 プレイにデザインがあると取り違えると、どうしても語弊を生んでしまいます。

拍手[0回]

PR

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
TRPG Trackback(0) COMMENT[0] このエントリーを含むはてなブックマーク



◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30




◎ カウンタ
◎ プロフィール
HN:
BETA(ゲームデザインは小学生から)
性別:
男性
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎  



◎  


Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]
Powered By ソーシャルライブラリー