スマートフォン解析

 僕はこのような図で、ノンフィクションとフィクションを捉えられるかと思います。

図1
 

図2
 

 TRPGはフィクションですから、図2に相当します。
 火事が発生する確率は、ポアソン分布で得られますが、そこから考えると、疑似体験を謳うのはどこかおかしい。
 さらにストーリー(物語)構築の現場のまさに最中において、TRPGは対話と解釈と換言出来ます。
 [TRPG]物語という言葉の整理。

 さらに以前の考察[TRPG]さらば、馬場理論よ。に立ち戻ると、疑似体験というより、物語構築体験に近い。物語らしさ(=物語性)を再現しているのが、TRPGのルールシステムと言えるのではないかと思います。ゲームが終了したあとに思い返すストーリーのお話ではありません。なぜなら、シナリオに群像劇的なテーマを持ってきて、少なくとも僕の周辺では、よく遊ばれているからです。
 さらに、その意識的な物語らしさが、じつは、キャラクターの運用上、図1のノンフィクションとも言える。TRPGは、フィクションを用いて、あくまで、ゲームシステム上のノンフィクション形式で物語を紡ぎ出している。

 [TRPG]さらば、コスティキャンよ。においては、ゲームの共通項を導き出したことを認めるけれども、それはTRPGのシステム毎の特徴を説明する要素とはいえない、つまりゲームデザイン(=ルールシステムデザイン)とは無関係と結論しました。ゲームのストーリーの直線はゲーム上の意味があるのです。

 TVシリーズの「24(TWENTY FOUR)」などは、駆け引き中心のドラマです。ゲーム的で、直線的ではない。
 しかし、この極めてゲーム的なドラマは、ちょうど、登場判定に失敗したか、独自行動をとられているTRPGのプレイヤーの立場に近いでしょう。
 ストーリーが直線的だから、感動させられるというコスティキャンの説明がどうかしている。
 1on1でプレイしているならともかく、多人数でプレイしている経験を無視している。
 選択肢、障害、資源などとなるものが存在したとして、自分のPCが関われない中、別行動のお地蔵さんとしても楽しんでいることを忘れている。
 別行動のお地蔵さん状態のときはストーリーは直線的でお地蔵さんは感動するが、お地蔵さんはいざゲームを行うと感動できないのか。感動させられないのか。
 コスティキャンは自ら自分のプレイング能力を「言葉通り当たり前のように受容的な問題解決」であるとしているのか。ならば、横槍を散々出す迷惑なプレイヤーか。

 TRPGに参加するGMとPLは、脚本を自由にできる(ゲーム体験)がゆえに再現やミミクリではなく「物語らしさ」を構成する司会・参加責任があるのだと思います。

 TRPG上の約束事。これは何度も思い返さなければならない。

 TRPGのTRPGによる、この約束事によって、人が人とコミュニケーションをとり、互いを尊重しあう関係に身をおくのです。
 その遊隙の関係の中でいわばシーソー遊びのように、遊動する関係を切り結ぶのです。ですから、他のPLを楽しませるのは、GMに限ったことではないのです。
 そして、その楽しみは人間関係を取り計らった誰々によるゲームであるからこそ、楽しい。
 これはTCGの対戦相手に子供が強い子供を連れて来て強い大人と戦うのを見るようなものです。

拍手[0回]

PR

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
TRPG Trackback(0) COMMENT[1] このエントリーを含むはてなブックマーク



◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ いまさらながら

古い記事にコメントをさしはさみ失礼します。

> TVシリーズの「24(TWENTY FOUR)」などは、駆け引き中心のドラマです。ゲーム的で、直線的ではない。
> しかし、この極めてゲーム的なドラマは、ちょうど、登場判定に失敗したか、独自行動をとられているTRPGのプレイヤーの立場に近いでしょう。

ドラマ24が、いかに駆け引き中心で、ゲーム的なドラマか残念ながら自分は存じませんが、TVで放映された(過去形)ドラマである以上、(まさにコスティキャンの語るとおり)監督なり演出家なり脚本家なりの懇親の計算で、登場人物たちに「登場判定に失敗」させるか「独自行動をとら」せているかしているのでしょう。それこそが、「(コスティキャンの語る)直線的」ということです。
「どのタイミングでどの登場人物が何をするシーンを入れる」が、綿密に計算され、組み立てられている=直線的であって、ストーリーの入り組み具合、人間関係の交錯がどれほど複雑であろうと、既に完成したドラマはゲームではありません。

> ストーリーが直線的だから、感動させられるというコスティキャンの説明がどうかしている。

「ストーリーが直線的だから」ではなく、「ストーリーが直線的であるが故に」ですよね。ここは。原文は知りませんが、訳によってニュアンスが変わります。「ストーリーが直線的」なら感動させられる、ではなく、感動させるために「ストーリーが直線的」に仕上げられているのですから。
逆に、その計算がなければ、あるいは狂っていれば、「ストーリーが直線的」でも感動は生みませんし、いくつかの意思決定の結果、生み出されたストーリーが感動を生むことも(大いに})ありえます。
ただ、ここでは、感動の為にストーリーを直線に固定し、PLの意思決定を蔑ろにするな。というだけの話ではないのでしょうか。

(以下、コスティキャンのゲーム論から引用)
~ところが、RPGをプレイしているとき、ゲームマスターから「そんな行動は駄目だよ。素晴らしいストーリーが台無しになるじゃないか」と言われたらどう思うだろうか?
 この手のゲームマスターの発言自体は間違ってない。が、問題はそういうことじゃないのだ。ゲームは、ストーリーを語ることではない。断固として違う。
(以上引用終わり)

これが、ゲームとストーリーに関してコスティキャンの語る主題です。少なくとも、「コスティキャンのゲーム論」を普通に読んだときに読み取れる(『「ゲーム」は、ストーリーではない』段落における)主題です。コスティキャンが数学者だとか、背景にゲーム論があるとかの裏設定はどうでもいいです。
ここでのBETAさんの解釈は、正直悪意的だと断ぜずにはいられません。

ここで誤解を生みたくないのは、自分は、「ストーリーが直線的」ではないからといって、「感動させる力を」持たないとは思っていません。あくまで、有利不利を論じているだけだということです。
(コスティキャンも結果としてついてくる感動が不要とは考えていないと思います。まぁ、これは推測ですらない空想だから無視してもらっても構いません)
コスティキャンがゲームに感動を求めていないのは明らかです。が、彼は、「(自分の求めない)ゲームでの感動を求めることは間違っている」とは語っていません。「感動を求めるために(彼の求める)意思決定を蔑ろにするのは間違っている」と語っているだけで、その点には(ゲームに感動を求める)私も納得するところです。
故に、コスティキャンの弁を曲解した(あるいは曲解を誘発しうる)この記事に、いまさらながら一言、コメントを差し挟んだ次第です。

SIMON 2009/05/22(Friday)10:15:58 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31




◎ カウンタ
◎ プロフィール
HN:
BETA(ゲームデザインは小学生から)
性別:
男性
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎  



◎  


Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]
Powered By ソーシャルライブラリー