スマートフォン解析 忍者ブログ

五線譜判定


  誤差というものは、大別して二つに数学では分類する。

A.系統誤差

a.理論誤差 b.器械誤差 c.個人誤差
 ある定まった規則的な関係で導入される誤差。

B.偶発誤差

 d.過失誤差 e.必然的偶発誤差
 全く偶然に不定な関係で起きる誤差。

 20面体サイコロをある個数振って、五線譜で表した失敗の可能性に振り分ける。どのような面での成功か、どのような要因での成果か、または、逆の失敗かを判定する。

 これを、「五線譜判定」と呼ぶ。成否判定において、演技が出来る。

誤差論 (1953年)
メーカー:培風館
ユーズド価格:¥ 600より
 
 
osadasoft.com


拍手[1回]

PR

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
SYSTEM Trackback(0) COMMENT[2] このエントリーを含むはてなブックマーク



◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ システム面の重量

(ざっと見た感想で誤解があるかもしれませんが)
ロールプレイ重視システムで、しかもロールプレイ支援ではなくロールプレイ折込システムとでも言うべきものなのかと愚考しますが、コレって「失敗したとき、それがどのような原因で失敗したか(あるいは逆)を演出する」システムなのでしょうか?
非常に興味深く思います。が、(システム全体について)処理の重さ面でどうなるか若干心配です。(素人考えで恐縮ですが…)

SIMON 2008/06/30(Monday)10:21:38 Edit
◎ Re:システム面の重量

 ええ、誤解はないです。
 ロールプレイ折込システムです。順列nCrで難易度順として、5個の20面体サイコロをベースとして成功の基準を求めます。何が素晴らしかった成功か、何がまずい失敗かをプレイヤーまたはGM(NPC)が、選択できるものです。
 これは演出が求められるときの簡易判定なので、正式判定の方法はちょっとまだ公開できないのです。

Beta(masato) 2008/06/30(Monday)14:35:47 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




◎ カウンタ
◎ プロフィール
HN:
BETA(ゲームデザインは小学生から)
性別:
男性
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎  



◎  


Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]
Powered By ソーシャルライブラリー