スマートフォン解析 忍者ブログ

 子供向けに書かれている本です。図書館の児童書とはちょっと離れたところに、マンガのコーナーの横にありました。

 2000年6月25日発行ということで、情報は古いです。ゲーム業界の目覚しい進歩から、ちょっと取り残された感があります。
 驚いたのは、やはり、当時でも哲学系の人がいるということですね。
 ソニー・ミュージックエンターテインメント・ディレクターの浅野耕一郎さんは、実存主義や文化記号学、サルトル、メルロ・ポンティ、竹内哲郎さんなどを研究していたそうです。
 まあ、哲学は、高校生は倫理の授業の延長だと思ってしまいますが、基本的には、高校の授業で言うと、数学や外国語の授業と思ったほうがいいです。

 僕が高校の時、推薦でどこの学科でも選べた際に、担任か現国の先生が、哲学科を選ぶといいとすすめてくれました。
 


ゲームクリエータになるには

西村翠著

好き、を仕事にするために。ゲームクリエータになりたいと考えているあなた、本当に仕事の中身、わかっていますか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ドキュメント・ドキドキわくわくの仕掛人(「見る」から「つくる」へ
  • ゲームクリエータとはだれか
  • 20分の2の一人として)
  • 2章 ゲームクリエータの世界(ハードとソフトの歴史-『スペースウォー!』から『ファイナルファンタジー』へ
  • 仕事の流れ-ひとつのゲームにいろいろな人がかかわっている
  • 職場の風景-ポリゴンマジック株式会社で見てみよう ほか)
  • 3章 なるにはコース(適性と能力-一人ではできない仕事だから
  • 学んでおくべきこと-世界を相手にゲームをつくるためには
  • 就職の実際-実力がすべての世界、さあ、頑張って)

「BOOKデータベース」より

拍手[1回]

PR

レンタルCGIブログパーツランキング応援よろしくお願いします こちらも応援願います
つれづれ COMMENT[0] このエントリーを含むはてなブックマーク



◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




◎ カウンタ
◎ プロフィール
HN:
BETA(ゲームデザインは小学生から)
性別:
男性
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎  



◎  


Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]
Powered By ソーシャルライブラリー